賢い銀行系カードローンの返済方法

銀行系カードローンを取り扱っている金融業者からお金を借りる前に考えておきたいのは、完済するまでの綿密な返済計画設計です。もし、既に融資を受けていて余り細かな返済計画を立てずに、お金を借り受けている人もいるかも知れませんが、それからでも決して遅くはありません。何故ならそのメリットの一つには、金利を節約出来る事にあります。

 

銀行系カードローンでお金を借りる場合には、一般的にはリボ払いが適用されます。このリボ払いは毎月一定額を融資を受けた金融業者に返済するという、極めて分かりやすい方式です。しかし、漫然と毎月の支払いを行うと金利が上乗せされるので、一寸した工夫を取り入れれば完済金額の総計を安くする事は不可能ではありません。

 

大半の銀行系カードローンの取扱いをしている金融業者では、リボ払いというルールに加えて、纏まった金額を先に支払い完済期日を前倒し出来る制度を取り入れています。例えば、ボーナス等の臨時収入があった場合等に、纏めて先に支払いを行うというのが典型的な例と言えるでしょう。

 

また日頃の生活費等に金銭的な猶予があれば、毎月支払う金額に例えば2万円をプラスして、支払うというルールを独自に課して返済するというのは賢い選択と言えます。もちろん月々によって事情が異なる場合には前述した2万円を1万円にしたり、5千円にしたりする等、工夫するのも良いかも知れません。返済計画を実施する二つ目のメリットは、精神的な負荷が無くなるという事です。

 

これはお金を借りた人にしか分からない心情かも知れませんが、長らく続いた何処かすっきりしない気分が晴れやかになり、快哉を叫びたい気分になるかも知れません。

銀行系カードローンでお金を借りよう

急にお金が必要になったが貯金はないし、給料日もまだ先。そんな経験がある方もいらっしゃるでしょう。銀行系カードローンは、こうしたピンチの状況に一役買ってくれます。申し込みは店頭のほか、インターネットでも可能です。保証人や担保も不要です。しかも、条件を満たせば即日融資も可能なので、お金が必要なその日に融資が受けられます。

 

融資を受けるには、銀行の審査を通過する必要があります。職業や年収、勤続年数等を申告することで、この人にお金を貸して大丈夫かどうかが審査されるのです。銀行系カードローンは、上述のとおり無担保無保証なので、返済能力があるかどうかはきっちり調べられます。さらに、銀行は、信用情報機関を通して、申込人の借入状況をチェックします。

 

具体的には、いくら借金があるか、何社から借り入れがあるか、延滞を繰り返していないか、債務整理後、一定の期間が経過しているか、といった内容です。これらの融資を無事通過すれば、晴れて融資が実行されます。銀行系カードローンの特徴として、総量規制の対象外であることが挙げられます。年収の3分の1までしか融資できないとする総量規制の対象は、消費者金融や信販会社であって、銀行は対象外なのです。

 

この点、収入のない専業主婦にとっては嬉しい限りです。とはいえ、すべての銀行が専業主婦に無条件の融資を行っているわけではないので注意が必要です。もっとも、自分に収入がなくても、配偶者に収入があれば融資可能な銀行もあります。

銀行系カードローンの特徴

最近、よく見聞きするようになった銀行系カードローンはいったいどんなものでしょう。銀行系というのは、銀行が提供しているという意味だけではありません。どういうことか、順に説明します。ここ数年、不況とそのイメージアップにより、気軽に小額のお金を借りることができるカードローンは爆発的に普及しました。銀行はカードローンに目をつけて、このサービスの提供を始めたり、消費者金融を新しく作ったりしました。

 

つまり一言で銀行系カードローンといっても、銀行が提供しているもの、また子会社や同じグループの消費者金融が提供しているものなどがあるのです。このカードローンのメリットとしては、最も魅力的なのは金利が低いという所でしょう。消費者金融系カードローンに比べて、金利がとても低いです。それから、やはり、銀行が提供しているものですから、利用する際に安心感があります。

 

デメリットに関しては、消費者金融と比べて、審査の基準が厳しいです。他からの借り入れが1件以上ある人は、審査で落ちることも多いです。そのメリットとデメリットを考えると、どんな人が銀行系カードローンに向いていると言うことができるでしょう。他からの借り入れがない、もしくは1件程度の借り入れがあるだけという人は、このカードローンを選択すると良いでしょう。

 

消費者金融系カードローンに対して、何となく不安感があるという人も、安心感があるこのカードローンは向いています。

お気に入りサイト

  • 借入の口コミ

    趣味や飲み会、結婚式に大きな買い物など…、出費の種類は様々です。特に給料日前は生活にしわ寄せが来ることも。
    こうした突然の金欠を乗り越える手段として借入について紹介していきます。

  •  

  • 学生カードローン

    カードローンを契約するには安定した収入を持った信用がある社会人だけ…という認識は古く、
    今では学生でもカードローンを利用できる時代になりました。